セフレと出会った体験談

セフレと出会った体験談

ハッピーメールででセフレづくり

ハッピーメールで知り合ったOLのMは2歳年上のお姉さん。

 

綺麗な長い髪と大きな瞳が素敵だが、それ以上に目を引いたのはGカップはあるその天然巨乳だ。メールしている時からそれを聞いていて、早く拝みたい一心で会う約束を取り付けた。

 

実物は想像以上に大きく、相応にMさんは太めな体型だったが、むしろムッチリとエロい雰囲気を醸し出すスタイルだった。ホテルではまずその巨乳のせいで凝るという肩を揉んであげた。

 

よほど凝っていたのだろう、まるで岩のような固さだった。頃合を見て肩から胸元に手を滑らせ、それまで我慢してきた分、めちゃくちゃに揉みまくった。

 

一瞬驚いたMさんだったが、すぐにエロスイッチが入って熱い吐息を漏らしていた。肉感たっぷりの巨乳を堪能し、あまり慣れていないというフェラをしてもらった

 

 

。確かに不慣れな様子だったが、顔を前後するたびにタプタプと揺れる乳房を見てるだけでギンギンだった。数分で我慢できず、オレはMさんの中に侵入した。

 

参照:セフレ募集掲示板を使うのは絶対やめるべき理由とは??

 

経験人数が少ないと言っていただけに、膣内はわずかに腰を揺らすだけでキュンキュンと締まるほど敏感だった。オレのピストンに合わせて巨乳が踊る。それを眺めながらのセックスは堪らなかった。

 

生外を決めたが、発射されたザーメンはお腹を飛び越え下乳を汚すほどの勢いだった。Mさんとは半年ほどセフレ関係として付き合った。その間、普通のカップルのようなデートも楽しんだ。

 

 

 

お互い、非常に充実した日々だったと思う。それからもう8年。Mさんはまだ隣にいる。セフレではなく、恋人でもない。Mさんは現在、オレの妻になっている。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ